流れ星の幅

すばる天文台が、天体写真にうつりこんだ「ノイズ」としての流れ星の画像を分析したら、流星として輝いている領域の幅は約数ミリメートルであることがわかったそうだ。
記事