読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GmailがGoogle Gearsを介してcacheできるようなサービス(β版)を開始したことについてのメモ

元記事Gears API Blog: Stopping the Gears
興味があることは、主にキャッシュのアルゴリズム

  • 保存期間
  • 更新検知、更新部分の通信などは、GearsのLocalServerの機能にどの程度依存しているか
  • アクセスパターンによる更新パターンの変化があるかどうかこ
  • 更新パターンのチューニングがあるとすれば、サーバ側のデータの範囲設定によるものだと推測するけれども、本当にそれだけか?
  • アクセスパターンの抽出に関して、ブラウザ側でどのようなことができるか?(実際にどうやっているかは別問題)

iphoneとかのwebサービスは、すべからく同様の機能が無いとダメだと思われるので、そちらのほうがこの分野は進んでいるかもしれないな。ただ、開発基盤がずいぶん違うし、通信インフラの特性も、パソコンで開発している人には実感薄いかもだ。
AndroidGmailがオフラインで使えます、というアナウンスなら面白かったかも、どうせ誰かやってるだろうけど。
自分は、これまでパソコンでメールやってた人・企業が、パソコンとLANを離れてもシームレスに情報のやり取りをできるように移行をサポートするのをビジネスのネタとして考えている。