読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aha! はモンテカルロ的並列大規模探索の結果だろうか?

 多分違う。バックグラウンドで無意識に大規模な探索「タスク」が起きる、、のではないと思う。

脳内のパターンマッチングはコンテキストが適合すれば瞬間的に発火する。

提起された問題は脳内にパターンとして残っているが、コンテキストが変わって、別のアイデアと結合した形で発火が起きる。


そのとき、これまでは気づかなかったアイデアとペアになった形になるので、anomalyとしてエスカーレーションされて意識のトップレベルに上り、

それに対して合理化しようとすると、問題とアイデアのペアを問題と答え、という風に推論して、
「aha!」となるのではないかしら?