読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キラーアプリケーションはなりあまれる部分からはこない

VRの根源的欲望を刺激する方向は確かに強い。エロとか。でも、通常は既存の大きなissueを解決することでキラーアプリケーションになる。

VRの特徴だけを見てもわからない。issueを見なければ。
ゴーグルの軍拡競争についていくだけではなくて、ゴーグルの無い世界のissueを洗い出そう。

大きなissueは既存の「キラーアプリケーションの担い手」の足らざる部分をみるのが簡単

スマホの足らざる部分

  • 持つには大きい
  • 見る、メモするには小さい
  • メモを書くにはつるつるしすぎている
  • notificationを受け取って取り出す必要がある
  • 目線が下がる
  • 注視しないと使えない。目の見えない人にはつらい

VRは無限かつ自由な表示領域を持つ
入力デバイスは不要かつどこにでもかける
notificationをアバター(agent)として可視化できる

交通機関の足らざる部分

  • 遅い。ケーブル内の伝送スピードに対して
  • ラッシュ時には不快

VRはどこでもドア
そこにいる、感覚をあたえてくれるのでFace to faceの環境に依存している人にやさしい
表情もつたえられるようになりつつある